愛知のアルバイト等の少子化に対する取組み

愛知のアルバイト等の少子化に対する取組み


愛知県に限らず日本全体が少子高齢化の時代に入り、勿論名古屋市を筆頭に少子化に対する取組みに試行錯誤しています。社会保障の予算も大部分は高齢者対策に持っていかれる為に、予算を捻出するのも物凄く大変な事ですが、子供達は国の宝でもあり将来の日本を背負うべき立場の存在でもありますのでそこは国や県や市のトップに任せるだけでは無く、市民全体で支えなくてはいけない所です。

名古屋市等は高校までの無償化等様々な対応策も考えていますが、議会との兼ね合いでなかなか話が進まない状況も有りますので、実際は現実化するのもまだ先の話になりそうです。そしてボランティア団体も、待機児童を少しでも無くす為に駅前などで保母さんや保父さんのアルバイトの募集を集めたり、待機児童を減らすための嘆願の署名を集めている姿を見かける事も有ります。

最近では国の議員の中からも社会保障費を高齢者にかけ過ぎだと言う声も徐々に上がってきていますので、日本の未来に対する考え方もより現実味が帯びてきていますので、少しでも子育ての環境が整う事が期待されています。