愛知のアルバイト等の少子化に対する取組み

愛知県での医療事務について


愛知県の名古屋市のように大都市がある地域では必ず大病院をはじめとしていろいろな医療機関があります。そのため、医療事務の仕事も相応にありますので、ハローワークや人材派遣会社などを通じて探せば、相応に見つかるということになります。
この仕事は主にレセプトと言って審査支払機関に請求する仕事がメインになります。医療費の全体の3割老人などの場合は2割や1割などもありますが、こうした保険の自己負担を除く部分について国民健康保険団体連合会いわゆる国保連や、社会保険診療報酬支払基金いわゆる支払基金に請求するための請求書のことをレセプトと言っています。
このレセプトを提出してもその審査機関、国保連や支払基金でその審査が通らないと返戻されてきたりしますので、正しく請求する知識が求められることになります。そうした事務の仕事は他の事務とは異なり多少特殊なために、可能であれば資格保有者を採用する傾向が医療機関などにはあります。